読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰もいない人混み

気が向いたら更新します。

パージ:大統領令

 

 

約1ヶ月ぶりの更新になります。

 

本日は、レイトショーで「パージ:大統領令」を鑑賞してきました。

 

f:id:Silverbirch:20170421223954j:image

 

TOHOシネマズ日劇ってレイトショーないんですね。

そういえばだいぶ前に、レイトショー一部廃止、みたいなニュース見た気もする。うん。

 

低予算スリラー「パージ」シリーズ第3弾。 

1年に一晩だけ、殺人も強盗も放火も、ありとあらゆる犯罪がゆるされる、パージ法が施行された世界を描いたフィクション。

 

 

第1弾「パージ」では、家の中での防衛戦という超絶低予算なスリラーを。

第2弾「パージ:アナーキー」では、街中でのサバイバル逃走劇を。

そして今作「パージ:大統領令」では、パージ廃止を訴える大統領候補のサバイバルを描きました。

 

 

いやぁ、本当に無茶苦茶な映画です(褒めてます)。

敵キャラが総じてクレイジーなのが面白いです。

 

組織だってパージに挑むヤツらも現れて、シリーズが進んでることを実感しました。

 

破壊王マイケル・ベイ」が製作に関わってる割には、そこまで破壊王してなかったです。

まあ、低予算スリラーらしくまとめてきました。

 

 

(以下、前作までの若干のネタバレを含みます)

 

 

 

 

 

前作までで、パージは結局、強者が弱者を攻撃しているだけだと明確に描写されました。

結局は、国が保護する人の数を減らすための法律だと。

 

 

その矛盾に気づき、パージ廃止を訴える市民も多く存在するように。

 

 

いや、本当にパージ廃止しちゃったら、このシリーズ終わっちゃうよ……なんて思いながら見てきました。

 

 

結末はネタバレなので言いませんが、まあ予想通りの着地点でした。

 

 

トーリーよりも、無茶苦茶な世界観を楽しむ方がいいかと。

 

 

公開劇場も少ないですが、もしよろしければ。